【メニュー】
・7手詰
・棋譜並べ(プロとの指導対局)
・対局(棋力診断)
・Q&A

「フェーズ1用」のまとめ。以下は成果の一部。実戦を通じて上達の実感を得られたい。
・序盤の安定感が増した
・読み(例・5手詰)の確度が増した
・プロと二枚落ちで対局できるようになった

・対局
▲7六歩△8四歩▲6八飛△3四歩▲6六歩△6二銀(四間飛車)

(図は△3三桂まで)


図から▲6四歩は才気あふれる手。以下△同飛▲5四歩△同銀▲5五銀△同銀▲同角△4二金右▲6四角△同角▲5一飛成と進み、先手優勢に。

・診断3級の上。実戦を重ねることで、今までの学び(蓄積)が花開く日も近い


【メニュー】
・棋譜並べ(プロとの指導対局)
・対局
・Q&A

相振り飛車の続き。駒組みから中盤の戦い方のポイント。
・後手は(角道が開いている分)攻勢を意識する
・持ち歩は多い方がいい
・攻め駒(飛角銀桂)の配置を工夫する

・対局(後手番)
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲6八銀△3五歩(相振り飛車)

(図は▲8五桂まで)


後手の攻めが見事に決まった(永久保存版)。図から△2六歩▲同歩△3六歩▲同歩△2六銀▲2七歩△3七歩▲同桂△同桂成▲同金(▲同銀は△2七銀成)△同銀成▲同銀△4五桂▲2六銀△同飛!▲同歩△3七銀▲2七玉(▲4九玉は△5七桂不成以下)△5五角!▲同角△3八銀打まで後手の勝ち。


【メニュー】
・相振り飛車の特徴と序盤の駆け引き
・対局
・Q&A

相振り飛車の序盤ナビ(復習)。駒組みや囲いのポイント。
・序盤(駒組み)で優劣がつきやすい
・先手は(角道を止めている分)守勢を覚悟する
・一つのパターン(例えば向かい飛車×金無双)を決め、試行錯誤するよりない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲6八銀△3五歩(相振り飛車)

(図は△1三角まで)


ここまで組めれば先手も十分だろう。図から▲7四歩(好手)△同歩▲9四歩(▲5五角△7三桂▲8四歩も有力だった)△同歩▲同銀△同香▲同香△9三歩▲同香成△同桂▲9四歩△9二歩▲9三歩成△同歩▲5五角と進んだ。


【メニュー】
・なんでも相談
(今後の目標、相振り飛車、その他)
・三間飛車の指し方
・Q&A

三間飛車の指し方。四間飛車との違い。
・石田流について。特長やバリエーション
・ノーマル三間飛車で持久戦を目指す
・指しこなすには独特のセンスが求められる?!

(図は▲5六歩まで)


図から相手の動きを見て左銀を動かす。急戦には6八銀(のまま)または6七銀。持久戦には5七銀と上がりたい。高美濃から4五歩4六銀は真部流。左辺は軽く、右辺の厚みを活かす。


【メニュー】
・今後の目標など
・棋譜並べ(プロとの指導対局)
・対局
・Q&A
・宿題(攻めの手筋ドリル)

フェーズぜ太錙車の教習で例えると「路上運転」。
・実戦を増やす。対局に慣れる
・経験値を上げる(特に中盤)。課題を見つけ克服する
・「実戦・レッスン・自宅学習」の理想のサイクルを作りたい

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲6八飛△6二銀(四間飛車)

(図は△7三角まで)


丁々発止の中盤戦。図から▲5四歩△同銀▲6四歩(好手)△5五銀▲6三歩成(好手)△6七歩▲同飛△6六歩▲5七飛△4六銀▲7三と△同桂▲4六金△6五桂▲7三角(▲5六飛などもあった)△5七桂成▲8二角成△6七歩成▲3五歩(勝負手)と進んだ。