【メニュー】
・フェーズい料世
・対局
・Q&A

「フェーズぜ太錙廚僚蕾鵝車の教習で例えると「路上運転」。
・実戦を通じ、クセや失敗のパターンを知る
・自分なりの「読み」をもとに、意思(企図)のある手を指す
・失敗したら、そこから学べばいい

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲4八銀△4二銀(三間飛車)

(図は△8四歩まで)


図から▲4二歩!の手裏剣。(1)△同角なら▲8五歩△同歩▲5四桂のような狙いでしょうか。こうした手に出会えるとうれしい気持ちになります。実戦は(2)△4五歩▲4一歩成△6三桂▲8五歩△5五桂▲7七金△5六歩▲8四歩△同銀▲8五歩△7三銀▲5六飛と進みました。


【メニュー】
・質問票、インタビュー
・レッスンの進め方
・対局(棋力診断)
・Q&A、次回予約

子供の頃家族と指していた。今の立ち位置が知りたい。「知りたい」派。
・プロの将棋をテレビやインターネットでよく見ている
・パソコンのソフトと指している。いつも似た展開になり食傷気味
・変な癖がついていないか心配。指し手のカウンセリングをしてほしいとのこと

・対局
▲7六歩△3四歩▲2六歩△4四歩▲2五歩△3三角(四間飛車)

(図は△6七金まで)


あちこちで駒がぶつかった悩ましい局面。図から▲6四歩!は才気あふれる手。(1)△同金なら手順に▲4六角でしょうか(感心)。実戦は(2)△6二金引▲3一と△6六金▲3二と(やや疑問手)△6七歩▲5九角△7五歩▲2二角△3三歩▲7五歩△6八銀▲同角△同歩成▲同飛と進みました。

・診断3級。次回はフェーズぜ太錙複隠供砲鮨箴

1