【メニュー】
・対局(棋力診断)
・Q&A、おすすめの棋書や学習方法など

「フェーズぜ太錙廚里泙箸瓠B亢匹任牢郷瓦気擦蕕譴襪海箸多かった。
・ひらめきのある、才気あふれる手がしばしば
・上のあまり、やや手過ぎてしまうことも
・確実性が上がれば(普通の手が増えれば)、勝率アップ間違いなし

・対局
▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△4四歩(中飛車)

(図は△4五歩まで)


図から銀を逃げるKRさんではなかった。以下▲5四歩△4六歩▲5三歩成(好手)△同飛▲4四銀△5一飛▲3三銀不成(好手)△同金▲4二角△8一飛▲3三角成△4七歩成▲5五桂△5四銀打▲2三飛成と進みました。私より強い(笑)。

・診断2級の上。手どころよし。今後は(対)人とも楽しく指してくださいね


【メニュー】
・棋譜並べ(三間飛車好局)
・対局
・Q&A

終盤はスピード。(優勢のときは)俗手にまさる好手なし。
・プロは競り合いがほとんど。アマは……さまざま(笑)
・局面の掌握が第一。今、何対何でどちらがリードしているか
・それに応じてソフトな手やハードな手、俗手や勝負手などを使い分けたい

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4二飛▲4八銀△3二銀(四間飛車)

(図は△6七銀まで)


終盤の入口。足を止めて打ち合いますか(笑)。図から▲8四歩(好手)△同銀▲8八金△5六銀成▲1二と△6七歩成▲1一と△8五歩▲2一飛成△5一歩▲3一角成△5七成銀▲4三角と進みました。


【メニュー】
・序・中・終盤の戦い方(比較)
・対局
・Q&A

中盤の戦い。駒の損得、駒の働きを重視する
・形勢判断と四つの要素
・大局を見る。局面の急所を探る
・経験(主に失敗体験)を積み重ねる

・対局
▲2六歩△8四歩▲7六歩△3四歩▲6六歩△6二銀(矢倉)

(図は△5六歩まで)


矢倉は戦いが盤面全体に及びます。図から▲8六角△5七歩成。あちこちで駒がぶつかり、頭がクラクラしますね。(このとき、KRさんの目は輝いていた。伸びしろ十分かと(笑))。以下▲2三歩(好手)△同金▲5七金△8六歩▲6一角△7六桂▲同銀△同飛▲4三角成△8七角▲7七歩△同飛成▲同金△4三角成▲8二飛と進みました。


【メニュー】
・序盤ナビ
・対局
・Q&A

序盤のやりとり。戦型が決まるまで。棋は対話なり。
・居飛車党。但し相掛かりや横歩取りは避けたいとのこと
・先手番なら初手▲2六歩がおすすめ
・以下△8四歩▲7六歩△3四歩は▲6六歩から矢倉へ

・対局
▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲7六歩△4四歩(四間飛車)

(図は△8四飛まで)


図から▲4五桂は好手。△同桂▲同歩△6五桂に▲7六桂として飛車を詰め上げました。以下△7七歩▲同桂△同桂成▲同銀△6四桂▲8四桂△同角▲6五歩△7六桂打と進み、終盤戦へ。


【メニュー】
・フェーズい料世
・対局
・Q&A

「フェーズぜ太錙廚僚蕾鵝車の教習で例えると「路上運転」。
・実戦を通じ、クセや失敗のパターンを知る
・自分なりの「読み」をもとに、意思(企図)のある手を指す
・失敗したら、そこから学べばいい

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲4八銀△4二銀(三間飛車)

(図は△8四歩まで)


図から▲4二歩!の手裏剣。(1)△同角なら▲8五歩△同歩▲5四桂のような狙いでしょうか。こうした手に出会えるとうれしい気持ちになります。実戦は(2)△4五歩▲4一歩成△6三桂▲8五歩△5五桂▲7七金△5六歩▲8四歩△同銀▲8五歩△7三銀▲5六飛と進みました。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other