【メニュー】
・序・中・終盤の戦い方(比較)
・対局
・Q&A

中盤の戦い。駒の損得、駒の働きを重視する
・形勢判断と四つの要素
・大局を見る。局面の急所を探る
・経験(主に失敗体験)を積み重ねる

・対局
▲2六歩△8四歩▲7六歩△3四歩▲6六歩△6二銀(矢倉)

(図は△5六歩まで)


矢倉は戦いが盤面全体に及びます。図から▲8六角△5七歩成。あちこちで駒がぶつかり、頭がクラクラしますね。(このとき、KRさんの目は輝いていた。伸びしろ十分かと(笑))。以下▲2三歩(好手)△同金▲5七金△8六歩▲6一角△7六桂▲同銀△同飛▲4三角成△8七角▲7七歩△同飛成▲同金△4三角成▲8二飛と進みました。

Comment