【メニュー】
・棋譜並べ(三手の読みを意識しながら)
・対局
・Q&A、宿題

「三手の読み」で先の局面を予測する。
・歩が上手く使えると、初段が見えてくる
・開戦は歩の突き捨てから
・合わせ歩、継ぎ歩。たたきの歩。垂れ歩からと金作り

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二銀▲7八飛△4四歩(相振り飛車)

(図は△8八角まで)


図から▲6四歩は急所のコビン攻め。以下△同歩▲6五歩(▲6三歩もあった)△9九角成▲6四歩で混戦に。

・宿題。次回一人将棋(自分vs自分)の棋譜を持参のこと

Comment