【メニュー】
・対局(棋力診断)
・Q&A
・後日レビュー

「フェーズぜ太錙廚里泙箸瓠コンピュータソフトと対局。
・局面によっては、ソフトに候補手を聞いてみる
・講師はソフトの手(企図)を解説(意訳)する
・講師の非力を補い、将棋の深さ、手の広さを知ることとなった

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△5四歩▲7八飛△5二飛(相振り飛車)

(図は△6二銀まで)


図の先手玉は詰めろ。以下▲3六玉(好手)△5八角▲4七銀△同角成▲同玉△2七銀▲5八歩と歯を食いしばって耐えた。

・診断2級。終盤に鋭さが加われば1級も近い

Comment