【メニュー】
・序盤の駆け引きと対応
・対局
・Q&A
・後日レビュー

序盤は知識を多く得る。
・序盤のさまざまなパターンに対応する。棋は対話なり
・▲7六歩△3四歩▲7五歩のオープニング。「喧嘩上等」の表明(笑)
・4手目の候補と5手目の対応

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△4四歩▲7八飛△4二銀(三間飛車)

(図は△4四角まで)


図から▲4四同角△同銀▲4三角は有力だった。以下△4二飛▲2一角成△1二香が一例。実戦は▲5六歩△5五角▲同歩△3二金と進んだ。

Comment