【メニュー】
・棋譜並べ(プロとの指導対局)
・対局
・Q&A

相振り飛車の続き。駒組みから中盤の戦い方のポイント。
・後手は(角道が開いている分)攻勢を意識する
・持ち歩は多い方がいい
・攻め駒(飛角銀桂)の配置を工夫する

・対局(後手番)
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲6八銀△3五歩(相振り飛車)

(図は▲8五桂まで)


後手の攻めが見事に決まった(永久保存版)。図から△2六歩▲同歩△3六歩▲同歩△2六銀▲2七歩△3七歩▲同桂△同桂成▲同金(▲同銀は△2七銀成)△同銀成▲同銀△4五桂▲2六銀△同飛!▲同歩△3七銀▲2七玉(▲4九玉は△5七桂不成以下)△5五角!▲同角△3八銀打まで後手の勝ち。

Comment