【メニュー】
・なんでも相談(今後の目標、その他)
・対局
・Q&A

序盤の勉強方法。定跡書か対局か。
・双方バランスよく。本で学び、実戦で試す(トライ&エラー)が理想
・実戦の絶対量が少ないので、とにかく数をこなす(サンプル数を増やす)
・「一人将棋」も一興。それが勝手読みでも、考えるトレーニングになる

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲6八飛△6二銀(四間飛車)

(図は△3五角まで)


図から慌てて合駒を打つと△2五桂から、▲1八玉も△1七香からそれぞれ頓死する。実戦の▲2六歩(移動合)が唯一の受け。以下△2五桂▲2七玉△3七桂成▲同玉△8七竜▲5七歩まで先手の勝ち。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Selected Entry

Search

Archive

Link

Profile

Mobile

qrcode

Other