平成の終の朝顔蒔きにけり(先月作った句)。参加2名でした。

【メニュー】
・対局(駒落ちに代わるハンデ戦(ワン・トゥ・ワン試案))
・対局(平手)
・Q&A

・対局(Mさん)
▲7六歩△3四歩▲4八銀△4二飛▲4六歩△4四歩(四間飛車)

(図は△3六歩まで)


図から自陣には目もくれず、ノータイムで(1)▲5三桂右成。以下△3七歩成▲6二成桂△同金引▲4五飛△3六角▲5五飛△5四歩▲3五飛△2七角成▲5一飛と進みました。急所の局面で、もう少し腰を落としてもらえませんかね…(笑)。代えて(2)▲2八角や(3)▲2六角と緩めても、攻め手に困ることはありません。あるいは(4)▲9一角成△同玉▲5三桂右成も一案でした。

・対局(KWさん)
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二銀▲6八玉△6二銀(居飛車その他)

(図は△3二金まで)


棒銀をさばき、竜を作って戦果を上げた局面。図から(1)▲2五竜くらいでも十分でした。実戦は(2)▲2二銀!△同金▲4三竜△3二金▲同竜△同玉▲2四歩の進行。▲3二同竜では▲4二竜や▲4四竜がまさったようです。先手陣は飛車に弱いのが泣きどころ。

Comment