【メニュー】
・相振り飛車の特徴と序盤の駆け引き
・対局
・Q&A

相振り飛車の序盤ナビ(復習)。駒組みや囲いのポイント。
・序盤(駒組み)で優劣がつきやすい
・先手は(角道を止めている分)守勢を覚悟する
・一つのパターン(例えば向かい飛車×金無双)を決め、試行錯誤するよりない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲6八銀△3五歩(相振り飛車)

(図は△1三角まで)


ここまで組めれば先手も十分だろう。図から▲7四歩(好手)△同歩▲9四歩(▲5五角△7三桂▲8四歩も有力だった)△同歩▲同銀△同香▲同香△9三歩▲同香成△同桂▲9四歩△9二歩▲9三歩成△同歩▲5五角と進んだ。


【メニュー】
・なんでも相談
(今後の目標、相振り飛車、その他)
・三間飛車の指し方
・Q&A

三間飛車の指し方。四間飛車との違い。
・石田流について。特長やバリエーション
・ノーマル三間飛車で持久戦を目指す
・指しこなすには独特のセンスが求められる?!

(図は▲5六歩まで)


図から相手の動きを見て左銀を動かす。急戦には6八銀(のまま)または6七銀。持久戦には5七銀と上がりたい。高美濃から4五歩4六銀は真部流。左辺は軽く、右辺の厚みを活かす。


【メニュー】
・今後の目標など
・棋譜並べ(プロとの指導対局)
・対局
・Q&A
・宿題(攻めの手筋ドリル)

フェーズぜ太錙車の教習で例えると「路上運転」。
・実戦を増やす。対局に慣れる
・経験値を上げる(特に中盤)。課題を見つけ克服する
・「実戦・レッスン・自宅学習」の理想のサイクルを作りたい

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲6八飛△6二銀(四間飛車)

(図は△7三角まで)


丁々発止の中盤戦。図から▲5四歩△同銀▲6四歩(好手)△5五銀▲6三歩成(好手)△6七歩▲同飛△6六歩▲5七飛△4六銀▲7三と△同桂▲4六金△6五桂▲7三角(▲5六飛などもあった)△5七桂成▲8二角成△6七歩成▲3五歩(勝負手)と進んだ。


初夏の清々しい陽気でした。参加2名。ほっとしました。来月の開催(6/19)も決まりました(笑)。

【Mさん】
・対居飛車引き角の対策
・対局
・Q&A

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7七角△6二銀(四間飛車)

(図は△7五馬まで)


図から▲4四歩が急所の一撃。以下△同歩▲2四桂△同歩▲2三金(▲2一角もあった)△3一玉▲2二角△2一玉▲1一角成△同玉▲1三香△2一玉▲1二香成まで先手の勝ち。

【KWさん】
・詰将棋の作り方
・対局
・Q&A

・詰将棋の作り方

(原案)


KWさん作。(作意)▲2二銀△同玉▲3四桂△3一玉▲2三桂不成まで5手詰。初手(銀捨て)と最終手(吊るし桂)が狙いですね。

(改案1)


1路右にずらしました。作意はそのままです。

(改案2)


こんな図にも置き換えられます。

(改案3)


4手逆算しました。こんなアレンジもできるということで。(作意)▲1一桂成△同玉▲3三馬△2一玉▲1二金△同玉▲2四桂△2一玉▲1三桂まで9手詰。

初手▲3一桂成は△同玉▲4二銀△2一玉▲3三桂△3二玉で不詰。2手目△3二玉は▲4四桂△4一玉▲5三桂まで。4手目△2二合駒は早詰または同手数駒余り。5手目▲4三馬は△3二銀移動合▲3三桂△3一玉で不詰。8手目△1三玉は▲2五桂まで。

※追記(6/9)

(改案4)


さらに6手逆算しました(笑)。(作意)▲1三金△1一玉▲2三桂△2一玉▲3一香成△同銀▲1一桂成△同玉▲3三馬△2一玉▲1二金△同玉▲2四桂△2一玉▲1三桂まで15手詰。


【メニュー】
・5手詰
・棋譜並べ(プロとの指導対局)
・対局(棋力診断)
・Q&A

「フェーズ1用」のまとめ。効率的な学習ができている。
・目標設定やタスク管理に長けている
・道場デビュー。プロとの指導対局(四枚落ち)
・今後は実戦からの学びを増やしたい

・対局(後手番)
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3三角▲7八飛△2二飛(相振り飛車)

(図は▲5六歩まで)


図から△5六同歩なら穏やか。△4五歩に充実を感じた。以下▲5五歩△同銀▲4五歩△6五歩▲同歩△6六歩▲5八銀△5二飛と進んだ。

・診断3級。手どころのセンスあり。自信を持ち決断よく指したい