好きなときに気軽に将棋が指せる場所。将棋道場は、かつては都心なら山手線のほぼ各駅にあったとか。今ではインターネットで四六時中、世界中の人と対局できるようになった。それでもやはり対面して切った張ったの勝負をするからこその楽しさも確かに存在します。

昔の道場はたばこの煙がもうもう。場末感が満載で人間ウォッチングには事欠かなかった。まずはおじさんたちの好奇の目を凌がなくてはなりません。

今は禁煙や分煙がほとんど。敷居はかなり低くなりました。初心者や女性、子供が通いやすいよう、勝負より交流に重きを置いているところ、初級者向けの「緩い」大会を併設しているところもあります。自分に似た境遇の棋友を見つけるには好手でしょう。まずは勇気を出して最初の一歩を踏み出してください。

子供ならではの振る舞いや早指しに翻弄され、原始棒銀であっという間に吹っ飛ばされるかもしれません。まあ誰でも最初はそんなもの。棒銀は嫌いでも、将棋は嫌いにならないでください。

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら


((1)はこちら



江戸時代、禅寺の住職「仙僉覆擦鵑い)」による禅画。ひと目ヘタウマに思えるが(失礼)、機知を巡って諸説あるらしい。万物の根源を三つの形でとらえる。△(火・ひ)、◯(水・み)、□(土・つ)の三元により、宇宙の広がりや森羅万象を表しているとも。



脱サラから10余年、第2の創業に屋号を「ココロデザイン研究所」と定めた。ココロとデザインのことをやっていこう。私のPI(パーソナル・アイデンティティ)=「創造と快楽」にも通ずる。上のロゴも作製しました。

○ ココロ
□ デザイン
△ 研究所

○(ココロ)は丸いハート。□(デザイン)はまっさらなキャンバス、△(研究所)は三角フラスコを込めました。(しあわせ銀のパクりと気づかれぬよう(笑))

これから作る冊子類も、次の三つにカテゴライズしていきます。まる・さんかく・しかくは、いのちのかたち。

○ 読み物など 『どうして右玉ばかり指すんですか』(2020)(予定)
□ 詰将棋など 『初詣』(2019)
△ 実戦譜など 『ピリ辛システム(仮題)』(2021)(予定)

(ショップだより 目次はこちら


「推し」とさらにつながるには。指導対局で手ほどきを受け、「棋」のコミュニケーションを図りましょう。多くの棋士はホスピタリティに長けています。総じて女性には優しく、きっと神業の如く緩めてくれるでしょう。

希望する手合いを自由に選ぶことができます。初段を目指す人には(8枚や6枚落ちよりも)4枚か2枚落ちがお勧め。大まかな定跡は当レッスンでお教えします。

△6二銀▲7六歩△5四歩▲4六歩△5三銀▲4五歩まで進めば、(この人は勉強しているな)と認められ、その後の進行もスムーズでしょう。ポカや悪手は棋士がそっと指摘してくれる。もちろん指し直して構いません。

慣れるまでは大変でしょうが、ぜひとも棋譜取りを。手書きもよし、スマートフォンの対局ソフト(「ぴよ将棋」など)を使うのも好手かと。感想戦のアドバイスやそのときに感じたことなどもメモに残しておきましょう。

先日私も初めて受けた頃の棋譜を並べてみました。昔の自分と会ったような、懐かしい気持ちになりました。

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら


社会人になりたての頃、世はCIブームの只中。私が勤めた会社も、CIならぬMI(マーケティング・アイデンティティ)の確立を掲げ、店のイメージを一新したりしました。



山形しあわせ銀行(現・きらやか銀行)。30代の頃に住んだ家の近所にあった。上のロゴマーク(△○□)は、私が今までで最も感心したものの一つでした。

△ 山形
○ しあわせ
□ 銀行

△(山形)は言うに及ばず。○(しあわせ)は円満、□(銀行)は堅実。○は硬貨、□は紙幣にも通じる。実に上手くできています。



まる・さんかく・しかく
まる・さんかく・しかく
三つの星が あったとさ
宇宙のはての まだむこう
まだむこう まだむこう
『まる・さんかく・しかく』(作詞:山田とも子、作曲:小山田暁)

同じ頃、中村一義のアルバムを聴き耳に残った。ポンキッキの歌のカバーだとか。「まる・さんかく・しかく」。物心の本質を突いているのかな。「真理は単純で美しい」(アインシュタイン)

(2)に続く)

(ショップだより 目次はこちら


(コロナのことはさておき…)

「推し」についての興味を深めるために、いざイベントへ出掛けましょう。デパートなどで数日にわたって開かれる「将棋まつり」は、近年めっきり少なくなりました。一方で、棋士やそのグループが主催する中小規模のイベントが数多く催されています。

トークショーやサイン会、懇親会など、初級者でも気軽に参加できるように工夫されている。棋士とファンとの距離は極めて近い。「会いに行ける棋士」。どこぞの地下アイドルみたいですね(笑)。

タイトル戦などの大きな対局では、大盤解説会が行われます。会場で生の解説を見聞きするのも一興でしょう。SNS用の写真撮影はほどほどに、棋譜を取り、ふとしたこぼれ話や上達に役立つヒントなどをメモしておけば、後で読み返したとき、新たな気づきにつながるかもしれません。

推しに会い、その人柄に触れる。現地で同好の士とつながる。その他思い掛けないさまざまな体験ができるのも、「ライブ」ならではの楽しさでしょう。

(コラム「ひよこのきもち」 目次はこちら


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other