【メニュー】
・対局(棋力診断)
・Q&A

「フェーズ1用」のまとめ。コンピュータソフトと対局。
・駒の働きへの目配りに進歩が見られる
・駒を取る、成るなどのチャンスを見逃さない
・小さな手順前後(の違い)に注意する。失敗しながら覚えるよりない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7七角△6二玉(相振り飛車)

(図は△4五歩まで)


図から▲8三歩成△同玉▲9四銀の大技が決まった。以下△7二玉▲8三銀成(▲8三飛成がまさった)△6一玉▲7三歩成(▲9三成銀がまさった)△同桂▲同成銀△8四歩▲7二歩と進んだ。

・診断4級。棋力は着実に上がっているので、焦らずに継続を


【メニュー】
・対局
・Q&A

「三手の読み」は対局における思考の基本。
・「相手がこう来たら?」
・三手一組で、手の狙いを述べる
・手筋や格言をどれだけ表現できるか

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7八銀△6二銀(三間飛車)

(図は△5八とまで)


図から先手は厚い詰めろをかけたい。以下▲2二金△3三玉▲2五桂△2四玉▲4二飛成△4九と▲3三銀△同桂▲同竜まで。見事な寄せでした。


【メニュー】
・棋譜並べ(竜王戦七番勝負第3局)
・対局
・Q&A

相手の指し手を観察する(尊重する)
・相手の手の狙いを推測する
・手筋や格言をどれだけ表現できるか
・それが厳しいものなら対策を立てなくてはならない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7七角△4二飛(相振り飛車)

(図は△5四飛まで)


図から▲7四金は勝負手。以下△6七歩成▲8四歩△5七と(悪手)▲8三歩成△同銀▲7三角成△同桂▲8三飛成△7一玉▲7三竜と進み、先手の勝ちとなった。


【メニュー】
・棋譜並べ(竜王戦七番勝負第2局)
・対局
・Q&A

指し手に意味や企図を持たせる。
・「この手の狙いは?」
・一手指すごとに、手の狙いを述べる
・手筋や格言をどれだけ表現できるか

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7七角△3五歩(相振り飛車)

(図は△2六歩まで)


図から(1)▲2六同歩は△同飛(王手銀取り)がある。(2)▲4六角をひねり出した。以下△2七歩成▲同銀△5四角▲3六歩△同角▲2四角△2七角成▲同玉△2四銀▲3八玉と進んだ。


【メニュー】
・フェーズの概要
・対局
・Q&A

「フェーズ1用」をさらに一巡する。目標3級。
・中盤以降の読みの力を鍛える
・「読み」とは。「手を読む」とは
・対局中にしていること。たった二つしかない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4二飛▲7七角△6二玉(相振り飛車)

(図は△6一玉まで)


図からは色々とありそう。▲9四歩もいいですね。以下△8四歩▲8一竜△7一歩▲9三歩成△5二玉▲8三歩。「と金の遅早」でした。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other