【メニュー】
・棋譜並べ(藤井聡太四段快勝)
・対局(棋力診断)
・Q&A

「フェーズ1用」のまとめ。目標3級。
・序盤は攻守の陣形作り。駒損をしない
・中盤は三手の読みを意識しながら
・終盤は三手詰を逃さない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7八飛△4二銀(相振り飛車)

(図は△3七桂成まで)


図から▲6四歩は急所の反撃。以下△同歩▲4五角△5四歩▲同歩△6三銀▲7四歩△同歩▲同銀△同銀▲5三歩成と進んだ。

・診断4級。次回は再びフェーズ1用(11)


【メニュー】
・対局
・Q&A
・後日レビュー

中盤は経験がモノを言う。
・大局を見る。形勢判断の仕方
・局面の急所はどこか
・「経験(主に失敗体験)」を積み重ねる

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△6二銀(三間飛車)

(図は△3一金まで)


図から▲7五飛は振り飛車らしいさばき(冷静に▲6六歩もあった)。以下△6九飛成▲8五飛△9九角成▲8二飛成△3三銀打▲5二金△4一香▲8一竜と進んだ。


【メニュー】
・3手詰トレーニング
・対局
・Q&A

3手詰で読みの力を鍛える。
・詰みのチャンスを逃さない
・3手詰が分かれば、勝率は格段にアップする
・詰みの形やセオリーを覚える

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7八飛△6二銀(三間飛車)

(図は△6八と寄まで)


図から▲5六馬は詰めろ。以下△2三歩▲8九飛△8八歩▲3一銀△8九歩成▲4二銀成で寄り形に。


【メニュー】
・三手の読みとは
・棋譜並べ(三手の読みを意識しながら)
・対局
・Q&A

「三手の読み」は対局における思考の基本。
・こうやる、こう来る、そこでこう指す
・三手一組で先の局面を予測する
・急所は二手目。自分の最も困る手が相手の最善手

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7八飛△8五歩(三間飛車)

(図は△8三歩まで)


図から▲6四歩が鋭手。以下△8四歩▲6三歩成△7五飛▲5二と△同金▲6一飛成でさばき合いに。


【メニュー】
・序盤の駆け引きと対応
・対局
・Q&A
・後日レビュー

序盤は知識を多く得る。
・序盤のさまざまなパターンに対応する。棋は対話なり
・▲7六歩△3四歩▲7五歩のオープニング。「喧嘩上等」の表明(笑)
・4手目の候補と5手目の対応

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△4四歩▲7八飛△4二銀(三間飛車)

(図は△4四角まで)


図から▲4四同角△同銀▲4三角は有力だった。以下△4二飛▲2一角成△1二香が一例。実戦は▲5六歩△5五角▲同歩△3二金と進んだ。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Selected Entry

Search

Archive

Link

Profile

Mobile

qrcode

Other