【メニュー】
・相振り飛車戦の手筋
・対局
・Q&A

当面のライバル(Xさん)を設定する。
・相振り飛車戦における攻めの手筋
・端攻め、玉頭攻め、コビン攻めなど
・参考「必修!相振り戦の絶対手筋105」(杉本昌隆著)

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7八飛△4二飛(相振り飛車)

(図は△6六銀まで)


図の△6六銀は疑問手。以下▲5六歩△4六歩▲同歩△同飛▲4七金△4二飛▲4六歩△2四歩▲6四歩△同歩▲6七歩。先手の銀得が確定した。


【メニュー】
・フェーズの概要
・対局(vsコンピュータソフト)
・Q&A

「フェーズ1用」をもう一巡する。目標3級。
・序盤はかなりしっかりとしてきた
・終盤のポカ(只捨て)を減らすこと
・コンピュータソフトと対局。実力伯仲

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7八飛△3五歩(相振り飛車)

(図は△8五同桂まで)


図は手が広そう。実戦は▲2三角△4二玉▲3二銀△2四飛▲4一銀成△5二玉▲3二角成△6一飛。以下熱戦が続いた。


【メニュー】
・棋譜並べ(藤井聡太四段快勝)
・対局(棋力診断)
・Q&A

「フェーズ1用」のまとめ。目標3級。
・序盤は攻守の陣形作り。駒損をしない
・中盤は三手の読みを意識しながら
・終盤は三手詰を逃さない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7八飛△4二銀(相振り飛車)

(図は△3七桂成まで)


図から▲6四歩は急所の反撃。以下△同歩▲4五角△5四歩▲同歩△6三銀▲7四歩△同歩▲同銀△同銀▲5三歩成と進んだ。

・診断4級。次回は再びフェーズ1用(11)


【メニュー】
・対局
・Q&A
・後日レビュー

中盤は経験がモノを言う。
・大局を見る。形勢判断の仕方
・局面の急所はどこか
・「経験(主に失敗体験)」を積み重ねる

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△8四歩▲7八飛△6二銀(三間飛車)

(図は△3一金まで)


図から▲7五飛は振り飛車らしいさばき(冷静に▲6六歩もあった)。以下△6九飛成▲8五飛△9九角成▲8二飛成△3三銀打▲5二金△4一香▲8一竜と進んだ。


【メニュー】
・3手詰トレーニング
・対局
・Q&A

3手詰で読みの力を鍛える。
・詰みのチャンスを逃さない
・3手詰が分かれば、勝率は格段にアップする
・詰みの形やセオリーを覚える

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7八飛△6二銀(三間飛車)

(図は△6八と寄まで)


図から▲5六馬は詰めろ。以下△2三歩▲8九飛△8八歩▲3一銀△8九歩成▲4二銀成で寄り形に。