【メニュー】
・対局(棋力診断)
・棋譜解析、ソフトの効果的な使い方
・Q&A

「フェーズ1用」のまとめ。コンピュータソフトと対局。
・序盤はとてもしっかりしてきた
・中盤以降の指し手が今後の課題か
・急所のとらえ方、スピード感など

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7八飛△3五歩(相振り飛車)

(図は△6三同玉まで)


図から上部脱出を防ぐ▲7五金を覚えてほしい。実戦は▲6一飛△6二歩▲2一飛成△5六馬▲7七桂△7六歩▲6七金打△7四馬▲7六金と進んだ。

・診断4級。次の5回では中盤以降の読みの力を鍛えたい


【メニュー】
・3手詰トレーニング
・対局
・Q&A

3手詰で読みの力を鍛える。
・参考「3・5・7手実戦型詰将棋」(飯野健二著)
・少しずつコツがつかめてきたか
・「これはダメそう」「こうされると絶望的」という手を見つけ、それらを手掛かりに候補手を絞っていく

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7八飛△6二玉(相振り飛車)

(図は△6四銀まで)


図から▲8四銀△同銀▲8三歩(▲9三歩成もあった)△同玉▲8四飛△7二玉▲9三歩成と進み、先手優勢。


【メニュー】
・次の一手(棋書より)
・対局
・Q&A

「次の一手」問題で、中盤の経験値を高める。
・級位者向け三択問題
・参考「渡辺流 次の一手」(渡辺明監修)
・手筋や「場合の形」をたくさん覚える

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7七角△4二銀(相振り飛車)

(図は△4四銀まで)


先手は攻めの理想形。図から▲7四歩△同歩▲8四歩△同歩▲7四銀△7三歩▲8三歩△同銀▲同銀成△同玉▲8四飛△7二玉▲8三歩とし、リードを広げた。


【メニュー】
・序盤ナビ
・対局
・Q&A

序の4手で分かること。感じること。
・▲7六歩△3四歩▲6六歩の次の手
・△3三角、△3五歩、△4四歩のとき
・△8四歩、△6二銀、△3二金のとき

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7八飛△8五歩(三間飛車)

(図は△5二同金まで)


図の局面で形勢判断。玉の堅さにまさり、手番を握る先手が指しやすそう。以下▲7一角(講師の推奨手)△7二飛▲4四角上△同歩▲同角成△3三銀▲5四馬△4三角▲5五馬と進んだ。


【メニュー】
・棋譜並べ(自戦譜)
・対局(vs棒銀)
・Q&A

「フェーズ1用」をさらに一巡する。目標3級。
・初めて将棋大会に参加し、棒銀に手を焼いたとのこと
・対策の相談。必要以上に怖がらない
・三間飛車らしくさばきたい。美濃囲いの堅さを信じる

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7八飛△8五歩(三間飛車)

(図は△5八桂成まで)


図から▲3一と△同玉▲4一金(好手)△2二玉▲4二飛成△3二香▲3一銀以下即詰。お見事でした。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other