【メニュー】
・対局(棋力診断)
・Q&A
・後日レビュー

「フェーズぜ太錙廚里泙箸瓠コンピュータソフトと対局。
・局面によっては、ソフトに候補手を聞いてみる
・講師はソフトの手(企図)を解説(意訳)する
・講師の非力を補い、将棋の深さ、手の広さを知ることとなった

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△5四歩▲7八飛△5二飛(相振り飛車)

(図は△6二銀まで)


図の先手玉は詰めろ。以下▲3六玉(好手)△5八角▲4七銀△同角成▲同玉△2七銀▲5八歩と歯を食いしばって耐えた。

・診断2級。終盤に鋭さが加われば1級も近い


【メニュー】
・対局
・Q&A
・後日レビュー

終盤の練習が勝敗を分ける。
・寄せや詰めのセオリーを覚える
・棋書を繰り返し読み解く
・攻めか受けか。終盤戦は難しく奥が深い

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△4二玉▲7八飛(危険な手)△3二玉(三間飛車)

(図は△7四銀まで)


図から▲7三桂不成は珍手(▲9三桂不成もあった)。以下△7五銀▲同角△8一飛成▲同桂成△7七歩成▲7一飛と進んだ。


【メニュー】
・3手詰トレーニング
・対局
・Q&A

3手詰で読みの力を鍛える。
・参考「解けてうれしい3手詰」(将棋を孫に伝える会)
・詰みのセオリーをテーマに沿って解いていく
・実戦ではそれらが組み合わさっていることが多い

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7八飛△4二飛(相振り飛車)

(図は△7四歩まで)


図の△7四歩は銀ばさみの狙い。以下▲8三歩(好手)△同銀▲8四銀△同銀▲同飛(▲8三歩がまさった)△8三歩▲7四飛△7三歩▲7六飛△5三銀▲7七桂と進んだ。


【メニュー】
・棋譜並べ(三手の読みを意識しながら)
・対局
・Q&A、宿題

「三手の読み」で先の局面を予測する。
・歩が上手く使えると、初段が見えてくる
・開戦は歩の突き捨てから
・合わせ歩、継ぎ歩。たたきの歩。垂れ歩からと金作り

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二銀▲7八飛△4四歩(相振り飛車)

(図は△8八角まで)


図から▲6四歩は急所のコビン攻め。以下△同歩▲6五歩(▲6三歩もあった)△9九角成▲6四歩で混戦に。

・宿題。次回一人将棋(自分vs自分)の棋譜を持参のこと


【メニュー】
・相振り飛車戦の手筋
・対局
・Q&A

当面のライバル(Xさん)を設定する。
・相振り飛車戦における攻めの手筋
・端攻め、玉頭攻め、コビン攻めなど
・参考「必修!相振り戦の絶対手筋105」(杉本昌隆著)

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7八飛△4二飛(相振り飛車)

(図は△6六銀まで)


図の△6六銀は疑問手。以下▲5六歩△4六歩▲同歩△同飛▲4七金△4二飛▲4六歩△2四歩▲6四歩△同歩▲6七歩。先手の銀得が確定した。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Selected Entry

Search

Archive

Link

Mobile

qrcode

Other