(17)棋は対話なり(17/05/23S)


【メニュー】
・序盤の駆け引きと対応
・対局
・Q&A
・後日レビュー

序盤は知識を多く得る。
・序盤のさまざまなパターンに対応する。棋は対話なり
・▲7六歩△3四歩▲7五歩のオープニング。「喧嘩上等」の表明(笑)
・4手目の候補と5手目の対応

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△4四歩▲7八飛△4二銀(三間飛車)

(図は△4四角まで)


図から▲4四同角△同銀▲4三角は有力だった。以下△4二飛▲2一角成△1二香が一例。実戦は▲5六歩△5五角▲同歩△3二金と進んだ。

(12)戦法のカンどころ(17/05/16K)


【メニュー】
・戦法の特徴とバリエーション
・棋譜並べ(特徴を知る)
・対局
・Q&A

三間飛車とそのバリエーション。
・三間飛車と一口に言っても、さまざまな形がある
・攻め駒をさばく。三間飛車はさばきが命
・棋譜並べの実例。「三間飛車名局集」(石川陽生著)より

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△8四歩▲7八飛△6二銀(三間飛車)

(図は△7二飛まで)


図から▲7三歩(もちろん▲6四歩もあった)。以下△同飛▲6四銀△同銀▲同角△6三飛▲9一角成△6九飛成▲7四飛△7三歩▲8四飛でさばき合いに。

(16)クセや傾向を知ろう(17/05/12S)


【メニュー】
・対局
・Q&A
・後日レビュー

「フェーズぜ太錙廚僚蕾鵝車の教習で例えると「路上運転」。
・実戦を通じ、クセや失敗のパターンを知る
・特に中盤戦は、経験を積み重ねて高めていくよりない
・対局はおしゃべりあり。互いの思考を言語化しながら行う

・対局
▲7六歩△3四歩▲7五歩△4二玉▲6六歩△8四歩(三間飛車)

(図は△1六歩まで)


図から▲1四歩(▲1八歩はやや弱気)。以下△同香▲1二飛△2二桂▲1一銀△5五角▲2二銀成△同角▲1四飛成で激戦に。

(11)得意戦法を持とう(17/05/09K)


【メニュー】
・戦法と定跡
・得意戦法を持つ、棋書の読み解き
・対局
・Q&A、宿題

「フェーズ1用」の初回。ゴルフで例えると「打ちっ放し」。
・主力となる得意戦法を(まずは一つ)持つ。序盤を無事に乗り切る
・定跡は将棋400年の先人の英知。賢く使おう
・棋書の読み解きの実例。「明快相振り飛車」(鈴木大介著)

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7八飛△4二銀(相振り飛車)

(図は△7三歩まで)


図から▲6四歩△4九成桂▲同銀△5八金▲6三歩成△同銀▲同竜以下見事な寄せ。

・宿題スタート。次回パソコンソフトとの対戦棋譜を持参のこと

(00)オリエンテーション(17/05/02K)


【メニュー】
・質問票、インタビュー
・レッスンの進め方
・対局(棋力診断)
・Q&A、参考書籍について、次回予約

プロ棋士の教室に通って2年余り。「勝ちたい」派。
・色々な人と指したい。そのためにも強くなりたい
・相振り飛車・三間飛車を多く指している。四間は攻め方が難しいとのこと
・勉強好き。飽きっぽい性格だが、将棋は続いているとのこと

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4四歩▲7八飛△4二飛(相振り飛車)

(図は△7三同金まで)


図から▲8五桂△7二金▲7三歩△7一金▲7二飛△同金▲同歩成以下見事な寄せ。

・診断5級。次回はフェーズ1用(11)