【メニュー】
・フェーズの概要
・対局
・Q&A

「フェーズ1用」をさらに一巡する。目標3級。
・中盤以降の読みの力を鍛える
・「読み」とは。「手を読む」とは
・対局中にしていること。たった二つしかない

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△4二飛▲7七角△6二玉(相振り飛車)

(図は△6一玉まで)


図からは色々とありそう。▲9四歩もいいですね。以下△8四歩▲8一竜△7一歩▲9三歩成△5二玉▲8三歩。「と金の遅早」でした。


【メニュー】
・5手詰トレーニング
・対局
・Q&A

終盤の練習が勝敗を分ける。
・寄せや詰めのセオリーを覚える
・参考「3・5・7手実戦型詰将棋」(飯野健二著)
・第一感で手がいいところに行く。センスの表れか

・対局
▲7六歩△3四歩▲2二角成△同銀▲4五角△6二飛(その他)

(図は△6三金まで)


図から▲5二金は勝負手。以下△5四金▲6一金△2九飛(悪手)に▲5二飛が厳しく、先手の勝勢となった。


【メニュー】
・次の一手(棋書より)
・対局
・Q&A

中盤は経験がモノを言う。
・形勢判断の仕方、急所のとらえ方
・「次の一手」問題で経験値を高める
・参考「免状が取れる!初段コース問題集」(将棋世界編)

・対局
▲2六歩△3四歩▲2五歩△3三角▲3八銀△8四歩(角換わり)

(図は△7三桂まで)


図から▲2三歩△3一銀▲2二角と強攻。以下△同銀▲同歩成△同金▲2三銀成△同金(△4四角もあった)▲同飛成と進んだ。


【メニュー】
・対局(棋力診断)
・棋譜解析、ソフトの効果的な使い方
・Q&A

「フェーズ1用」のまとめ。コンピュータソフトと対局。
・序盤はとてもしっかりしてきた
・中盤以降の指し手が今後の課題か
・急所のとらえ方、スピード感など

・対局
▲7六歩△3四歩▲6六歩△3二飛▲7八飛△3五歩(相振り飛車)

(図は△6三同玉まで)


図から上部脱出を防ぐ▲7五金を覚えてほしい。実戦は▲6一飛△6二歩▲2一飛成△5六馬▲7七桂△7六歩▲6七金打△7四馬▲7六金と進んだ。

・診断4級。次の5回では中盤以降の読みの力を鍛えたい


【メニュー】
・棋譜並べ(藤井聡太四段NHK杯)
・対局
・Q&A

序盤は知識を多く得る。
・初手▲7八金から感じること。棋は対話なり
・手本とする棋士の棋譜をたくさん並べる
・対局中、その棋士になりきって指すのも一興

・対局
▲2六歩△3四歩▲7六歩△4四歩▲6八玉△3二銀(中飛車)

(図は△5八歩まで)


図の△5八歩は胡散臭い手。以下▲2九飛△2七歩▲3五歩(▲同飛がまさったか)△5九歩成▲同飛△2八歩成▲3四歩と進んだ。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Selected Entry

Search

Archive

Link

Profile

Mobile

qrcode

Other